葬儀・告別式後の対応

その後の流れを確認しておく

仏式では告別式が終わると、参列者は火葬に同行し、骨揚げをします。
その後、還骨法要ではお焼香をします。
最後に精進落としに同行し、式は終了となります。
精進落としがなく、折詰などを喪家から頂いて式が終わる場合もあります。

葬儀・家族葬なら「心に残る家族葬」

・ご家族の絆を大切にする、「心のこもった」ご葬儀です。
・全国平均より「安い」明朗な料金体系です。
・「追加費用0円」でご葬儀が行えます。
心に残る家族葬[http://www.sougiya.biz/]

遺骨迎えの準備をする

火葬場に行かず残った参列者は、遺骨迎えの準備をします。
まず戻ってきた参列者にひしゃくで手に清めの水をかけ、次に清めの川を胸・背・足元に振ります。
後飾りの祭壇は、葬儀社の人が準備をするのが一般的です。

火葬場から自宅へ帰る場合

家にいる家族などから、家に入る前に手に水をかけてもらいましょう。
そして手をふき、体に塩を振って清めます。
玄関前に塩をまいて踏むという清め方もあります。

死が穢れならば清めの水と塩を振る

死の穢れを清めるために水や塩を用います。
また塩のみを振る場合もあります。
しかし浄土真宗やキリスト教では死は穢れではないために清めは行いません。

神式・キリスト教式の遺骨迎え

神式では家に残った参列者は後祓いの儀を行います。
後祓いの儀は出棺後に祭壇を片付け、家を元の状態に戻すことです。
火葬から戻った参列者は門のなかに入る前にお祓いをし、帰家祭を行います。
神式の葬儀はこれで終了し、参列者は直会という宴席に参加します。
キリスト教は土葬のため遺骨を迎える習慣はないので、遺骨を安置した場所に拝礼すれば問題はないでしょう。

還骨法要に出席する

仏式では、火葬場から帰り、遺骨を後飾りに安置すると、還骨法要が始まります。
参列者全員で後飾りの前に集まり、僧侶が読経を始め、喪主から順に焼香をしていきます。
参列者も焼香をして、読経が終わると葬儀は終了となります。
また、神式では帰家祭がこれにあたり、参列者は斎主が祭詞を唱えるのを拝聴し、一同拝礼して葬儀が終了となります。

初七日と同時が一般的

現在、還骨法要と初七日はいっしょに行うのが一般的です。
従来の初七日は僧侶の読経の後、茶菓をふるまうのが一般的です。

精進落としに出席する

精進落としは参列者をおもてなしする宴席のことです。
遺族のお誘いを受けたら遠慮せず参加するべきです。
参列者は食べ過ぎない程度に食事をし、酔わない程度にお酒を飲みます。
静かに故人の思い出話を遺族にするのかよいでしょう。

香典返しをもらったら

香典を差し上げていると、後目、香典返しとしてお店からギフト品などが送られてくることがあります。
これにはお礼状を出すのは控えるべきです。
しかし、送られてきたことだけはひと言伝えると、遺族側も届いたことが確認でき、安心できます。

形見分けの申し出を受けたらどうするべきですか?

形見分けはあまり高価なものでなければ素直に受け取ります。
また衣服などは今風にリフォームをする業者もあります。
遺品を大事にすることが故人への供養にもなりますので、大切に使用しましょう。

弔辞を依頼されたときに

お悔やみの挨拶は儀礼にとらわれず、心を込めたものにします。

弔辞の趣旨を理解する

弔辞は告別式の際に、故人と特に親しかった人が選ばれ、言葉を贈るものです。
読み上げた弔辞は遺族が保存することもあり、きちんとしたものを用意する必要があります。
弔辞はだいたい3分程度にまとめ、問違いのないようによく確認します。

依頼されたら断らない

弔辞は喪主や遺族から依頼されることが多く、快く引き受けるのがマナーです。
告別式にどうしても参加できないなど特別な理由がなければ断ってはいけません。
逆に弔辞を申し出ることもできますが、状況をよく見て判断する必要があります。

弔辞の構成を考える

弔辞の構成は大きく分けると序文で故人への呼びかけをし、哀悼の意を表します。
本文で故人との関係やその業績、残された者への励ましや慰めの言葉を贈ります。
結びでは故人へのお願いや冥福を祈る言葉で締めるのが一般的です。

故人との関係で考える

どうしても何をいっていいかわからない、という場合には自分と故人との関係で考えます。
友人、先輩、後輩、同僚、上司、部下などさまざまな関係によって呼びかけ方はもちろん、思い出深い内容の話し方も変わってくることでしょう。

故人が目上の場合

役職をつけるのが基本です。
「田中部長のご霊前に謹んで申しあげます」などの挨拶から入り、敬意を持って話します。
業績などについて触れていくとよいでしょう。

故人が同年代の場合

「田中さん」など、親しみをこめた挨拶から入ります。
あまりなれなれしくせず、内輪以外の人がわからない内容は避けるべきです。
公共の場所でのスピーチであることを意識します。

故人が年下の場合

故人が年下の後輩であったとしても、普段通りの呼び方はマナー違反に値します。
年齢に関係なく「さん」を付けて表現すべきです。
つまり、どれだけ故人を人切な存在として見ていたかにポイントをおくと、ご遺族も慰められることでしょう。
丁寧な表現を常に心がけておきましょう。

弔辞の構成

○○先生、今あなたの霊前に無限の悲しみをこめ…
①呼びかけ
相手との関係によって呼ひ方は変えるべきですが、まずは親しみをこめて呼びかけることが重要です。

先生が亡くなったという、思いもよらぬ悲しい知らせを…
②驚き
急死以外のものには少々使いづらいものなので、難しければ代わりに故人の死に対する哀悼を捧げます。

今われわれは偉大なる指導者を失い、再び教えを乞う…
③故人との関係
遺族が故人を偲ぶのに役立つように、ちょっとした思い出やエピソードを盛り込むのがコツ。

中心的人物として、あなたの残された輝かしい業績の数々は…
④実績
間違いや勘違いがないよう、業績や数字を紹介するときは、必す関係者に確認をとるのが基本です。

先生のその偉業に対し、心から尊敬と感謝を捧げ…
⑤結びの言葉
残された者としての決意、故人の冥福を祈る言葉や、遺族への励ましや慰めの言葉でまとめる。

弔辞の捧げ方

1. 祭壇前に立つ
司会から名前を呼はれたら、祭壇に進み出る

2. 遺族に礼をする
僧侶、凌族に-礼をし、持っていた弔辞を開く

3. 弔辞を読む
直立不動の姿勢て、弔辞を目の高さに持ち、読む

4. 礼をして下がる
祭壇に弔辞を供え、僧侶、遺族に一礼をし、下がる

弔辞の開き方

1. 弔辞を出す
左手に包みを持ち、右手で開けて弔辞を取り出す

2. 持ちかえる
左手に持った包みの下に弔辞を差しこんで持つ

3. 包みをたたむ
右手で左手に持った包みを折りたたむ

4. 弔辞を開く
たたんだ包みを下にし、弔辞を広げて読み上げる

忌み言葉は言い換える

弔辞では「たびたび」などのくり返す言葉や「続いて」などの不幸が続くような言葉は忌み言葉とされています。
言葉を言い換えるべきです。
また、「浮かばれない」など成仏できないような言葉も言い換えます。
忌み言葉の詳細はこちら

「死」の表現に注意

「死ぬ」や「事故」などの言葉はあまりに生々しいために、厳かな葬儀にはふさわしくありません。
これらも他の言葉に言い換えます。
一般的に死ぬという言葉は死去、逝去、急逝、永眠などに換えます。
若くして亡くなった場合は夭逝、早世といった言菜を使います。
キリスト教では成仏などの言葉を使ってはいけません。
昇天、人に召されるなどの表現を使います。
神式でも同じく帰幽という表現にします。

実例文を利用する

どうしてもよい文句が思い浮かばない、あるいはどうしても時間がとれない場合は実例文を利用するのもよいでしょう。
実例文をそのまま使うのもかまいませんが、よいところを抜き出して利用するのも一つの方法です。

恩師へ

○○先生のご霊前に謹んで哀悼の意を表します。
先生は人学式の日、私に明るく話しかけてきて下さったことを覚えていらっしやいますか。
それをきっかけに、私は先生が顧問を務める剣道部に人部し、先生の指導を頂きました。
先生の指導は厳しくも優しく、生き方そのものを強く教えてくださいました。
その先生かいなくなり、誰が私に指導をしてくれるのでしょう。
途方に暮れながらも、私はこれからも先生の指導を胸に、強く生きていきます。
先生、今まで大変ありがとうございました。

友人へ

○○さん。
あなたとこんな悲しい別れ方をする日が来るなんて思いませんでした。
あなたはサッカーが上手で、みんなにも一目置かれていましたね。
体力に自信のあるあなたが34歳の若さで急逝するなんて、今でも信じられません。
あなたとの思い出はいつまでも私の胸に生き続けるでしょう。
心からご冥福をお祈りします。

友人へ (自殺)

○○さん。
突然の悲報に接し、我々は悲しみのなかに沈んでおります。
目を閉じればあなたと過ごした楽しい目々が浮かんできます。
活発で、仲間内でも中心的存在だったあなたは我々の誇りした。
そのあなたが突然世を去る決断をされたことに、信じられない思いでいっぱいです。
しかし、あなたの最後の決断はあなたなりの結論があってのことでしょう。
今はどうぞ安らかにお眠りください。

友人へ (事故)

○○さん、突然のご逝去、心からお悔やみ申しあげます。
まだ若いあなたが、ご家族や我々友人のもとを離れ、天界へ旅立ったことがまことに残念です。
これが天のご意思というなら、天を恨んで仕方ありません。
しかし、現実に立ち、今お別れを告げるときが来ました。
いずれそちらでお会いしましょう。
さようなら。

会社の上司へ

惜しくも逝去された故○○部長のご霊前に哀悼の意を表します。
突然の訃報に、ただ世の中の無常をうらむのみです。
○○部長は新規の開発プロジェクトではいつも先頭に立たれ、豪腕を振るわれておいででした。
今後もご指導をいただきたく思っていただけに、残念でなりません。
この上は、○○部長が安らかに眠られることを心よりお祈りいたしましてお別れの言葉といたします。
さようなら。

会社の先輩へ

○○さんのご霊前に○○謀後輩一同、謹んで哀悼の意を表します。
○○さん、あなたは我々のよき先輩として、常に手本を示し続けてくれました。
その○○さんが突然ご他界されたのは、我々にとって堪えようのない悲しみです。
ご遺族様にとっても、まことにご愁傷様です。
心よりのご冥福をお祈りいたします。

会社の同僚へ

謹んで、○○さんのご霊前に申しあげます。
お写真を見てみてもいまだに信じられません。
○○さんが若い生命を交通事故で失ってしまうとは。
世の中の無常をうらむばかりです。
ご家族の皆様の悲しみはいかばかりか、想像に耐えません。
まだ幼い子をのこして逝ってしまった○○さんもさぞ心残りでしょう。
何をいっても由のないことになりますが、せめてご冥福をお祈りします。

同業者へ

○○さんのご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
○○さんにはお仕事柄、ご相談にのっていただくことが多く、ひと方ならぬお世話になりました。
そのあなたがいなくなってしまい、我々はだれを頼りにすればよいのか、見当がっきません。
とはいえ我々も不幸に負けず、強く生きていきます。
見守ってください。

殉職者へ

本日とり行います社葬において、故○○君のご霊前に謹んで哀悼の意を表します。
あなたは30歳という若さで弊社の業務中に事故に遭い、亡くなられました。
安全第一を心がけていたあなたがこのようなことになり、私たちは断腸の思いです。
仕事熱心なあなたの気持ちを私たちは受け継ぎ、前に進んでいきます。
ご遺族様には微力ながら私にできる最善を尽くしていきます。
今は安らかにお眠りください。

このページの先頭へ

イメージ画像